岐阜の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん岐阜西濃店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん岐阜西濃店

街の外壁塗装やさん岐阜西濃店

〒503-0111

岐阜県安八郡安八町西結650-1

TEL:0120-252-594

FAX:0584-71-8075

おかげさまで安八郡安八町や大垣市、羽島市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-252-594

[電話受付時間] 8:30~18:30まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 外壁塗装の際にアルミサッシやアルミ手すりなどは塗装できないの...

外壁塗装の際にアルミサッシやアルミ手すりなどは塗装できないの?


アルミは塗装できない?

 外壁塗装をする際に、お客様からよくある質問がアルミサッシやアルミ手摺などは塗装できないの?という質問がとても多いです。その質問にお答えします。

 そもそもアルミは昔から塗装はできない、塗装がのりにくいといわれてきました。塗っても直ぐめくれてしまい、最初はきれいですが後々にめくれて汚い状態になってしまっては元も子もありません。ですが、最近はアルミにも塗れるプライマーなどが出てきて塗れるようになってきました。

 では、なぜ今でもアルミサッシやアルミ手すりが塗れないといわれるかお答えします。

 

1、塗りだすと費用がかかる。

 1つ塗りだすと費用がとてもかかるという理由です。1件でアルミ使ってある部分はかなりあります。それをすべて下地処理して塗装しようと思うとかなりの費用がかかります。なので基本は塗れません。という会社はたくさんあります。

2、耐摩耗性が要求される場所に使われているものが多いから

 アルミ部材は、サッシのレールみたいに窓が常にスライドするものや、手すりみたいに常に手で触る場所だたりする場合が多いので、現場の塗装では厚みがついてしまい、めくれやすくなってしまうからです。いくらプライマーを入れても窓がスライドする場所は現場塗装では直ぐめくれてしまいます。手すりも手の油や、日々の接触によりめくれたり、傷ついたりします。なので現場塗装ではなかなか塗れません。

3、塗る知識、技術がない

 アルミ塗装をする場合は、耐摩耗性が要求されますので、基本的には車用のウレタン塗料で強溶剤塗料を吹き付けでする必要があります。なので、建築塗装ではなかなか扱うことがないので、仕上げや扱いの仕方が難しくできる職人は少ないです。アルミ専門も塗装屋さんもありますので、こうゆう会社だと安心です。

アルミ塗装まとめ

 アルミに塗装はできますが、費用や工法などハードルは高いです。その辺をクリアできれば塗装も良いかと思います。

 安八郡安八町、大垣市、羽島市、安八郡輪之内町、瑞穂市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん岐阜西濃店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8:30~18:30まで受付中
phone0120-252-594
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん岐阜西濃店に